トップ > 芸能 > 【舞台】まじかよ、たべちゃん…多部未華子、小日向文世との濃厚キスシーンに「もう慣れました。光栄です」
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


【舞台】まじかよ、たべちゃん…多部未華子、小日向文世との濃厚キスシーンに「もう慣れました。光栄です」

2017年09月24日(日) 芸能

1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/09/21(木) 17:32:07.32 ID:CAP_USER9
女優の多部未華子(28)が21日、横浜市内で行われた主演舞台「オーランドー」
(23~10月9日、横浜市のKAAT、10月26~29日、東京・新国立劇場中劇場)の公開稽古に登場し、
俳優・小日向文世(63)とのキスシーンを披露した。
年の差35、しかも多部が少年貴族オーランドー役、小日向がエリザベス女王役という
男女逆転のシチュエーションだが、多部は「もう慣れました。光栄です」と余裕の表情だった。

一方の小日向は「稽古場で1度、メークしないで(キスを)したんですが、
多部さんのファンに殺されるのでは、と思いましたね」と照れ笑い。
顔を近づけてキスするふりだけでごまかすこともできたが、演出を手がける俳優で演出家の白井晃(60)に
「ブチュッとやって」と“本物”をリクエストされたという。
「“ヤッター”って思いましたね」としてやったりの表情だった。

物語は16世紀のイングランドが舞台。エリザベス女王(小日向)をはじめとする数々の女性を
とりこにする美貌の少年貴族・オーランドー(多部)の数奇な運命を描いている。
オーランドーが恋に落ちるロシアの美しい姫・サーシャを小芝風花(20)、
貴族の女性たちを俳優の戸次重幸(43)、池田鉄洋(46)、野間口徹(43)が演じている。

出演者6人で20役以上を演じることになっており、
白井は「役者さんたちの楽しい7変化ぶりが見られます」とにっこり。
しかし、野間口は「8月1日から稽古をしてて、稽古期間が長くて、稽古時間も長い。
夏休みは『オーランドー』にささげました」とクレームを付け、笑いを誘った。

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/21/0010574667.shtml
no titleno title

no titleno title

引用元: ・【舞台】多部未華子(28)、小日向文世(63)との本物キスシーン「もう慣れました。光栄です」

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。