トップ > 芸能 > 【映画】童顔でよかった!?…高畑充希、“小学生に見間違えられる若い妻”で堺雅人と年の差夫婦に
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


【映画】童顔でよかった!?…高畑充希、“小学生に見間違えられる若い妻”で堺雅人と年の差夫婦に

2017年11月09日(木) 芸能

1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/07(火) 18:34:22.44 ID:CAP_USER9
女優の高畑充希(25)が7日、都内で行われた映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』(12月9日公開)完成披露会見に出席。メガホンをとった山崎貴監督作品に初参加し、堺雅人(44)と年の差夫婦を演じた高畑は「めちゃくちゃ超大作を撮る監督っていうイメージがあったので、呼んでもらえる日が来るとは想像していなかった。台本を読んだら、『小学生に見間違えられる若い妻』って書いてあって、だからかって」と納得。「自分の童顔がコンプレックスなときもあるけれど、今回は童顔でよかった」と笑った。

山崎監督は「童顔と言ったら高畑さん」と冗談めかしつつ、「この役って幅広くできないといけないので、高畑さんのスキルに助けられた。童顔だけで選んだわけではないです」と説明。

初共演した堺も、高畑について「同じ時期にNHKで大河ドラマと朝ドラをやっていて、廊下で時々ごあいさつをしていたんです。舞台もやってきたと聞いていたし、朝ドラも立派に務められていたので、なんか根拠のない信頼感があった。あとで年を聞いてびっくりしてした。なんなら先輩かと」と告白。高畑も「ご一緒したいと思っていたけれど、年齢が離れているので、夫婦役がもらえるなんてそんなラッキーなことないと思っていたのでびっくりしたし、うれしかった」と声を弾ませた。

同作は、西岸良平氏の漫画『鎌倉ものがたり』を『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』などを手がけた山崎監督が映画化。異世界が登場するファンタジーでありながらも、日常を生きる“夫婦の愛”を描いている。そのほか、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒が出席した。

https://www.oricon.co.jp/news/2100243/full/
no title

引用元: ・【映画】高畑充希『小学生に見間違えられる若い妻』役に「童顔でよかった」 堺雅人と年の差夫婦『DESTINY 鎌倉ものがたり』

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。