トップ > 芸能 > 【ドラマ】一線を越えてはいない!?…黒木メイサ、不倫をしているのに男性体験がない“都合のいい処女”に
なぜノアコインなのか?
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


【ドラマ】一線を越えてはいない!?…黒木メイサ、不倫をしているのに男性体験がない“都合のいい処女”に

2017年09月26日(火) 芸能

1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 05:09:11.71 ID:CAP_USER9
 女優の黒木メイサさんが、10月から放送されるテレビ朝日の連続ドラマ「オトナ高校」(土曜午後11時5分)に出演することが25日、明らかになった。異性との経験がない30歳以上の男女が強制的に入学させられる「オトナ高校」に在籍し、三浦春馬さん演じる主人公・荒川英人と“クラスメート”になるという役どころで、6月に第2子を出産し、今作がドラマ復帰となる黒木さんがブレザーの制服に身を包んだビジュアルが公開された。

 黒木さん演じる園部真希は、商社で働くキャリアウーマンだが、恋愛では常に2番目の女に甘んじ、現在も上司と不倫しているものの男性経験がいまだにゼロという32歳。常に2番手であるため、あだ名は「スペア」。黒木さんは「本当に攻めた役どころ。せりふもきわどいものが多いうえに、何と言っても“不倫をしているのに、男性体験がない”という設定ですからね。普通に考えたら共存しない要素を持った女性なので、とても新鮮です」と語っている。

 久々の制服姿には「ポスター撮影のときにすれ違う人、すれ違う人がフッと笑っていったので、おかしいことは重々承知しています」としながらも、「今回は高橋克実さんも制服を着られますし、違和感だらけの“高校生”がいっぱいなので、私も世間の皆さまから寄せられるであろう反応にはびびっておりません」と意気込んでいる。

 ドラマは、エリート銀行員ながらプライドが高すぎて“残念な男”になっている英人が、深刻な少子化問題に歯止めをかけるために設立された「オトナ高校」に入学し、さまざまな年代、タイプの“恋ヘタ学友”らと悩みを分かち合って成長していくという物語。ドラマ「ウォーターボーイズ」シリーズなどを手がけた橋本裕志さんが手がけるオリジナル脚本。同作は現在、バラエティー番組「SmaSTATION!!」が放送されていた土曜午後11時台に新設されるドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第1弾。10月14日から毎週土曜日午後11時5分に放送される。

https://mantan-web.jp/article/20170924dog00m200024000c.html
no title

no title

引用元: ・【ドラマ】黒木メイサ:32歳で男性経験ゼロ…第2子出産後の復帰作で衝撃的な役に

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。